感動の月命日

7月28日、ヒロの月命日。

いつものようにみんな集まり食事をしていると

電話が鳴りました。

九州のヒロパパの実家からでした。

28日の朝方、ばあちゃんが一人寝ていると

開いてるはずのふすまが開く音がしたので

なんでだろうと目をあけて見てみると

そこに、ヒロが立っていたと言うんです。

顔はわからないけれど髪型や立っている様子が

ヒロと思えたそうです。

白い光を放ちキラキラと輝きながら・・・

ばあちゃんは生まれて初めての経験だと言っていました。

その話を聞く私はただただ涙があふれ何も話すことができませんでした。

電話の向こうではばあちゃんも泣いていました。

ヒロはただ、ばあちゃんに逢いに行ったのだろうか・・・

何か伝えたいことがあったのだろうか・・・

ヒロはよくこの世とコンタクトをとっている。

それがいいのか悪いのかはわからないけれど

私達にとっては、今も生きていて何らかの合図を

送ってくれることは何よりも嬉しい。

そして、ヒロはそんなこともできるんだねって

愛おしくもなる。

・・・・・ありがとう・・・・・

変わらぬ愛を・・・・ありがとう・・・・
line
line

line
calendar
line
ようこそ♡One loveへ
line
プロフィール

もっちゃん

Author:もっちゃん
27歳という若さで光の世界へと逝ってしまった最愛の息子のこと、支えてくれる最愛の娘や家族のこと、日々の出来事など書いています。名古屋 子供を亡くした親の会「心のままに 月の光の会」の立ち上げスタッフとして活動しています。

line
clock
line
表示中の記事
  • 2012年07月
2012年07月31日 (火)
感動の月命日
次 >>
by AlphaWolfy
line
Comments...A

openclose

line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line