スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

伝えたいこと

今日は、名古屋子供を亡くした親の会 「心のままに月の光の会」
の日でした。
悲しいかな、いつも新しいご縁があります。

子供さんを亡くされて、まだ日が浅い親御さんが
会にお見えになると必ず言われる言葉は
「子供を亡くしたこの苦しみ、悲しみの中、みなさんはどうやって
この人生を歩いていっているのかを知りたい」と言われます。

私自身、周りには同じ経験をされた方はいなく、そんな思いで一杯でしたから
よくわかります。
思いに共感し心の底から分かり合え、全てをさらけ出し、時には涙し
話せる場があるということは、どれだけ生きる勇気になるか、どれだけ元気をもらえるか
わかっています。

だから、言いたいのです。

何年経っても子供を亡くした悲しみは無くなる事はありません。

「乗り越えたね」「元気になったね」
表向きはそう感じるでしょう。

悪いけど、乗り越えられません。
元気になったようにみえるかもしれません。

いつも言っていますが、悲しみと一緒に生きていけるようになるのです。
もちろん、一人では無理だったと思います。
一歩進んでは二歩下がりながらも一緒に歩いてくれる仲間がいたから。
月日は、そんな中でも生きる術を教えてくれます。

まだ亡くして日の浅い方は、真っ暗闇の中で歩く方さえわからないでいることと
思います。みんなそうでした。
私達は、何もできませんが、歩幅を合わせて一緒に歩いて行くことはできます。

一人で泣いている方がいたら、どうぞ少しだけ勇気を出してお越しください。
心のうちを、可愛いあの子のことをたくさん話してください。聞かせてください。

会の代表、スタッフ、会のみんな、いつでもお待ちしています。

名古屋子供を亡くした親の会
心のままに 月の光の会


スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
calendar
line
ようこそ♡One loveへ
line
プロフィール

もっちゃん

Author:もっちゃん
27歳という若さで光の世界へと逝ってしまった最愛の息子のこと、支えてくれる最愛の娘や家族のこと、日々の出来事など書いています。名古屋 子供を亡くした親の会「心のままに 月の光の会」の立ち上げスタッフとして活動しています。

line
clock
line
表示中の記事
  • 2016年09月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2016年09月09日 (金)
伝えたいこと
by AlphaWolfy
line
Comments...A

openclose

line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
フリーエリア
line
フリーエリア
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。